フリードリヒ・ニーチェ

1883年に発表された「ツァラトゥストラかく語りき」の中の一説で

多くのことを中途半端に知るよりは何も知らないほうがいい。他人の見解に便乗して賢者になるくらいなら、むしろ自力だけに頼る愚者であるほうがましだ。

これは、ニーチェ代表作の一部から引用したもの。
(ツァラトゥストラかく語りきは全4部から構成された本)

主人公のツァラトゥストラが自分の思想を人々に説きながら、旅をしていく物語で、その説法の内容にニーチェの思想が散りばめられています。



まだまだ、ニーチェの言葉がるのですが
どの言葉も突き刺さるものばかり。

それは、、ニーチェが生きた時代と同じように、私たちも時代の変換期にいるからです。



高度経済成長なんか終わっていますし、時代はどんどん変わっています。
新しい価値観を自分でみつけてやらなければ、取り残されてしまいます。
常に時代の変化に対応して前に進まなければなりませんね。



関連記事

  1. 重大なお知らせ!

  2. 続けることの難しさ(その2)

  3. 疲れた体に(*´▽`*)

  4. コンビニの帰りに・・・

  5. ピッカピッカの🎵

  6. 未来予知の可能性

  7. あなたの○○度は?(前編)

  8. 花粉襲来( ゚Д゚)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP