陰ある所に光あり

皆様こんにちは(^^)/

前回の投稿からはや1か月以上が経ちました・・・

何事にも継続して続けるというものは難しく、おさぼり気味の自分に

活を入れないといけないですね(;´・ω・)

さて今年も残すところ後3日となり激動の2020年が終わろうとしています。

なので少しだけ今年の振り返りをしながら最後のまとめをしていきましょう!


陰ある所に光あり

さて今年を振り返ってみるとほとんどが「コロナの年」といってもいいほどの

大暗黒時代となりました。

世の中が恐怖におびえ、疑心暗鬼が続く年になったのではないかと

少し感じております。

しかし、こんな暗い世の中でも様々な光り輝くことが世間では起きていました。

1月は世界の歴史に「チバニアン期」という物が誕生したり

3月には山手線に「高ノ輪ゲートウェイ駅」が誕生

将棋界では藤井壮太さんが最年少タイトルを取ったり・・・

暗い陰の中にも明るい話題はたくさんありました。

”というものは””がないと生まれない物体です。

つまりこれだけ暗い世の中にも絶対に光というものは存在するはずです。

来年もきっと暗い時間は続くかもしれません。

しかし我々はその中の光となれるように2021年も全集中の呼吸で

頑張っていきたいと思いますのでどうぞCONNECTION TOOL

よろしくお願いします(*´ω`*)

関連記事

  1. 頼もしい行動

  2. 動きで相手を見極めろ!

  3. 1人で伝える(前編)

  4. ヒートショック

  5. 見た目にコミット(前編)

  6. 視線を使った操作術 色彩その4

  7. 説得力のある言葉(前編)

  8. 与えるもの授かるもの(後編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP