適切な環境に身を置く

みなさんこんにちは!

まだまだ暑い日は続いていますが、朝夕は少しづつ秋の気配を感じられる

季節になりました。

ところであなたは、夏バテしていませんか?

夏バテは、冷房の影響が蓄積してくる、8月中旬頃から出現!

冷房の冷え過ぎは、日頃から冷えやすい方平熱が35度以下の低体温の方

特に注意が必要です!

また、冷房が効いた室内で長時間過ごす方

涼しい屋内と、暑い屋外を頻繁に行き来する方も要注意!



そもそも夏バテ(冷房病)とは

私たちの身体は、暑さを感じると体温が上昇し、汗をかくことで

体温を下げて調節しています。

しかし、真夏の屋外の気温や湿度と空調のきいた屋内の気温や湿度の温度差を

繰り返し感じると自律神経(交感神経と副交感神経)の切り替えが上手くできず

バランスが崩れることで体温調節が上手くできなくなることが原因だと

言われています。

さらに体温調節が上手くできなくなるだけではなく、胃腸障害や睡眠障害など

引き起こします。

対策は?

・冷房の使用方法

・冷房の風に直接あたらないようにする

・エアコンの設定温度は、屋外との温度差5℃以内(目安)

・夜間、就寝中の設定温度は、28度前後で付けっぱなし

【身体機能の維持】

・体の芯を冷やさない
 (温性食物の入った温かい食事を心がけて、冷たい飲み物は控えめで)

・運動や入浴で、血流を促す
(特に冷えを感じやすい足の血流を上げる)

 etc

あなたに合った方法を選んで、夏の疲れを秋に持ち越さない

健康的な生活を送りましょう!

関連記事

  1. 気持ちは姿勢から

  2. 大寒波

  3. 線路は続くよ何処までも🚃

  4. あんまりそわそわしないで♪

  5. 黒革の手帳(後編)

  6. 嘘800( ゚Д゚)

  7. 万病の元

  8. 職場環境の重要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP