視線を使った操作術 色彩その3

みなさんこんにちは(*´ω`*)

今回も「色彩」についての情報をお届けします。

前回は「黄色」がもたらす効果についてお伝えしました。

今回の色はずばり「グレー」です。

グレー=灰色という事もありよくスーツの色などにも使われるグレーですが

グレーと言うと地味なイメージを持たれる方もいるかもしれません。

しかし色彩心理学ではグレーというものはとても素晴らしい効果を

持っているとされています。

それはずばり・・・



穏やかな印象を与えると同時に相手の警戒心を解きほぐす」という効果です。

グレーは「ヒーリングカラー」と言われており文字の通り

気分を穏やかにする効果がある」とされています。

そしてその効果を最大限に活用出来る機会が「謝罪」の時なのです。

グレーは相手の怒りを沈める色ともされているので

もし謝罪する機会がありましたら是非グレーのスーツを来て

精一杯の謝罪をしてください。

いかがでしたか?

次回はいよいよ色彩シリーズ最終章となります。



関連記事

  1. 時間は有限(前編)

  2. 視線を使った操作術 色彩その2

  3. ○○もおだてりゃ木に登る

  4. 急がば回れ(後編)

  5. 遅かれ早かれ・・・

  6. 正念場

  7. 自己決断の中で

  8. あわてず騒がず(後編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP