視線の行先

みなさんこんにちは。

今回も「動き」を使った相手とのコミュニケーション術を

いくつかお伝えしたいと思います。

前回は大きなジェスチャーをして頼もしさをアピールしようという内容を

お伝えしました(っ´ω`c)

さて、今回は少し「視線」についてお伝えして行きます。

良くテレビとかで相手の目線を見て物事を推理するという

コーナーがありますよね。

あれってどういう仕組みになってるか気になりませんか?

実は視線には行動心理学的にあるルールがあるそうなのです。

それは…



人は視覚的なイメージを思い浮かべるときに視線が上に向かう という事です。

よく聞く話では人間は話している時に

右上を見ながら話していれば本当のこと

左上を見ながら話していればウソ」と言いますがこれは

右上の時には「記憶」を、左上の時には「想像」をそれぞれ探る視線だそうで

ウソをつくときは想像の中で話を作り上げて行くため

結果左上を向きやすい傾向にあるみたいです。

他にも

視線が水平に動くときには音や声といった聴覚的イメージ

視線が左下の方に動くときには触覚や感情といった感覚的なイメージを

それぞれ探る動きだそうで、先ほどの右・左と合わせると

様々な嘘ホントが見抜けるそうです。

もちろん、TVに出てる人のようになる為には相当な訓練も必要ですし

全ての人が上記の条件に当てはまるとは限らないですが

みなさんももし良ければ相手の視線を

おってみるのも楽しいかもしれませんね( ¯﹀¯ )/+*



関連記事

  1. 今年の方角は・・・

  2. あんまりそわそわしないで♪

  3. 自己決断の中で

  4. 無敵の会話術 その5

  5. 急がば回れ(後編)

  6. 古き言葉に学ぶ

  7. 諦めない心・勇気

  8. シラサギのような白さ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP