職場環境の重要性

皆さんこんにちは。3月より少し世論をとりいれたコラム的なものも

書いていくことにします(*´ω`*)

さて・・・3月もはや4日が過ぎましたが

各地では新型コロナウィルスの影響で様々な影響が出ています・・・

そんな中で今注目されているものがそう

テレワーク(リモートワーク)

というものですね(^^)

一部の企業が会社に出勤せずに家庭等で仕事をするいわゆる

”在宅勤務(テレワーク)”

を本格的に導入し始めました

果たして世間ではどう評価されているのかというと・・・



とあるアンケートによると全回答者のうち9割が「賛成」と答えるが

残りの1割は「反対」と答えています。

賛成派の意見としては

電車の通勤時に混雑に巻き込まれなくて済む

業務効率化につながりそう

などの意見が多く寄せられていました。

では残りの1割が「反対する」理由とは・・・

在宅ではできない業種がある

セキュリティーの問題が心配だ

などの意見が寄せられていました。

確かにどちらの意見も理にかなっておりどちらも

間違っているとは言い切れない状態ではあります。

ではなぜ日本がこうしたテレワークが広がらなかったのか?

それは日本の仕事スタイルに関係があるとされています。

日本の職能給という賃金制度は

職務範囲を明確にしないで、その都度上司が仕事を割り振っていくスタイル

が多いです。

そうなると

みんなが同じ時間に同じ場所にそろって

実際の働きぶりを管理職が目で確認しないといけなくなるため

結果フレックスや在宅勤務、あるいは目標管理制度といった欧米発の

ワークスタイルが日本企業で実現しなかったとされています。

しかし今回の世界的なウィルスの脅威で大手企業がこぞってテレワーク企業に

参入してきたため、まさに2020年は”本当の働き方改革を試される時代”になると言えるかもしれません。

果たしてすべての業種が納得できる本当の働き方改革を実現できる日は

来るのでしょうか・・・



関連記事

  1. 近未来

  2. ○○を巻き込め!(後編)

  3. お返しは○○で♡(前編)

  4. オンとオフ

  5. 動作で相手を見極めろ(立ち位置編)

  6. あわてず騒がず(後編)

  7. 一瞬のひらめき💡

  8. 視線を使った操作術 色彩その3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP