本当の順番

いきなりですが今回はちょっとした小話をします。

とある学校の教授が講義の際に机の上に壺を置き

その中に大きな岩を入れ学生に問いました。

「この壺は満杯か?」

一部の学生が「はい」と答えると教授は笑いながら砂利を取り出し

その壺の中に入れ始めます。そして再び学生に問いました。

「この壺は満杯か?」

一部の学生が「いいえ」と答えると教授は笑いながら砂を入れ

再び学生に問いました。

「この壺は満杯か?」

学生は「いいえ」と答えました。

それを見て教授は最後に水をなみなみ壺に入れ問いました。

「この壺は満杯か?」

学生は「はい」と答える。

教授は最後に学生に問いかけました。

「私が言いたいことは何だかわかるかな?」

学生は答えました。

「どんなにスケジュールがいっぱいだと思っていても最大限の努力をすれば予定を詰め込むことは可能である」

教授は「それは違う」といいこの質問の本当の意味を答えてくれました。

教授の答えは・・・



本当に優先するもの

教授の答えは「大きな岩を先に入れないとそれが入る余地は二度とない」でした。

人間が上手に生きていくためには本当に大切なものを先に入れろ・・・

そしてそれを包むように周りを固めていけばいい・・・

もし順番が変わってしまうとあなたにとって本当に大切なものは二度と”人生”

という枠に入らなくなってしまうかもしれません。

こんな時だからこそ今一度考えてみましょう・・・

あなたにとって本当に大切なものは何ですか・・・?



関連記事

  1. 与えるもの授かるもの(前編)

  2. ○○を巻き込め(ポイント編)

  3. 残り・・・。

  4. 魔法の時間(前編)

  5. 重大なお知らせ!

  6. 視線を使った操作術 色彩その2

  7. 陰ある所に光あり

  8. 無敵の会話術 その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP