何度でも何度でも(後編)

皆さんこんにちは´ω`)ノ

前回の投稿では広告がもたらす相手の心を動かすポイントがあるという事について

お伝えしました。

今回はその答えについてお伝えします♪

相手の心を動かすそのポイントとは…



ずばり「接触する回数」が重要になってきます!

「広告の父」と呼ばれるディヴィッド・オグルヴィはその回数について

3回以上広告に触れないと効果がない」と指摘しています。

これは心理学的にも証明されておりある社会心理学者の研究によると

模擬裁判にて陪審員に3回証拠を提示し説得した場合説得に応じたのは46%

さらに10回証拠を提示し説得した場合では説得率は82%まで上がったとの

実験結果が得られています。

つまり最低3回以上相手の目に触れること

相手の説得率はグンっと上がるのです。

しかし何度も同じことを伝えるだけではしつこいと思われ

逆効果になりかねません。

そこで大切なのが「表現の切り替え」なのですが

次回はその「表現の切り替え」についてのポイントをお伝えします(´▽`)



関連記事

  1. 黒革の手帳(前編)

  2. 重大なお知らせ!

  3. 心の深みへ(前編)

  4. 続けることの難しさ(前編)

  5. 脳をだますトリック(日常編)

  6. 魔法の時間(前編)

  7. スポーツの聖地!

  8. 思考の変化(ポイント編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP