今こそ、太陽光を味方に!

夜が少しずつ長くなってきました。鈴虫の音色が聞こえ、過ごしやすく

いい季節ですね(*´ω`*)

読書をしたり、映画鑑賞をしたり、秋の夜長を楽んでいる方も

多いのではないでしょうか。



気づいていますか?

秋から冬の間は、太陽光を浴びる時間が短くなっています。

最近では、紫外線の悪影響を防ぐために太陽光を避ける方も多いと思います。

気をつけていただきたいのは、太陽光との付き合い方です。

10月~11月頃、日照時間が短くなると毎年、現れる病気があります。

それが、季節性うつ病です。

気分の落ち込み・倦怠感・集中力の低下や、過眠・食欲の減退または亢進

様々な症状が現れます。

光を浴びる

脳内物質のセロトニンが不足すると、うつ症状を引き起こすと考えられています。

太陽光を浴びることで、セロトニンは体内で分泌します

私がお勧めする時間帯はです。

朝、目覚めたらまずカーテンを開け、太陽光を浴びる習慣をつけましょう。

人間の体内時計がリセットされ、生活のリズムを整える効果もあります。

朝が苦手な方は日中、室内で積極的に太陽の光を浴びるようにしましょう。

長時間、太陽光を浴びる必要はありません。一日1時間程度で十分です。

気分転換に散歩するだけでも結構です。

ただ注意してほしいポイントが1つだけあります。

散歩の際は、10~14時頃はなるべく避けてください。

1日のうちで最も紫外線が強くなる時間帯です。

紫外線は日焼けや肌の老化の原因になります。

今年は、誰もが今までにない生活を体験しています。

気分の落ち込みには、十分気を付けてくださいね。

関連記事

  1. 風邪は万病の元

  2. 心の深みへ(後編)

  3. 靴下・・・。

  4. 目に見える形にて

  5. 新しい世界を見つけて

  6. 無敵の会話術(番外編)

  7. 魔法の時間(後編)

  8. あなたの○○度は?(前編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP