与えるもの授かるもの(後編)

皆さんこんにちは( * ॑꒳ ॑*)

前回の記事では人からの評価をあげるスキルアップの方法について

前振りをさせていただきました。

キーワードは「与えるものの終着点」でしたよね。

人からの評価をあげるスキルアップの方法…それは



一流のギバーになる事」です。

そもそもギバーとは何かと言いますと、人間には3つの種類の人間がいます。

その3つのタイプとは

ギバー(与える人)

テイカー(貰う人)

マッチャー(ギブアンドテイクする人)

になります。

タイプとしてテイカーは自分がより多くのものを手に入れるために

自分より目上の人に取り入り権力を手に入れるために与えるタイプ

それに対しギバーは小さなものを与えることで人のネットワークを構築するために

小さな親切を与え続けるタイプです。

ポイントは「与えた先の見返り」です。

テイカーは目先の権力や報酬を見返りとして受け取る。

逆にギバーの見返りはネットワークの上で困った時に助けてもらえるといった

長期の見返りを求めることになります。

こうして比べてみると長い目で見るとどちらの方がいいかは見えてきますね(。ᵕᴗᵕ。)

場合によってはテイカーの方が必要になるかもしれませんが

長い人生の中で勝ち残るためにはギバーになれる事が大切だと思います。

しかし、どうせ目指すなら一流のギバーになる方がいいですよね?

次回の投稿では一流のギバーになるためのポイントをお伝えします´ω`)ノ



関連記事

  1. 「鏡開き」

  2. 嘘800( ゚Д゚)

  3. 正月休み終了

  4. ○○を巻き込め(ポイント編)

  5. 1度決めたこと

  6. 急がば回れ(後編)

  7. 小さな幸せ(後編)

  8. 夏バテをのり切れ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP